4年前はGSで全滅…… マネ擁するセネガルらアフリカ勢は今年のW杯もピンチか

セネガルはロシア大会でも期待されていたが…… photo/Getty Images

今大会もグループの顔ぶれは厳しい

欧州5大リーグで活躍するタレントが揃う国も多く、その圧倒的な身体能力からワールドカップで注目されるアフリカ勢も多い。いずれはアフリカがサッカー界を制すると言われた時期もあったほどだ。

しかし、前回のロシア大会はグループステージで全チームが消えた。モハメド・サラー擁するエジプトはグループAで屈辱の3連敗を喫し、最終戦ではサウジアラビア代表にも敗れた。

グループBのモロッコ代表は0勝1分2敗で敗退、グループDのナイジェリア代表は1勝2敗で敗退、グループGのチュニジア代表も1勝2敗、グループHのセネガル代表は1勝1分1敗での敗退だった。
ならば、今大会はどうだろうか。カタール大会開幕が近づいているが、各グループの顔ぶれを見れば今回も厳しい戦いになると予想される。

開催国のカタール代表、南米のエクアドル代表、欧州のオランダ代表とグループAで同居するセネガル代表にはグループ突破のチャンスがあるかもしれない。FWサディオ・マネ、DFカリドゥ・クリバリを軸に実力も経験値も十分。今アフリカで最もタレントの揃っているチームの1つと言っていい。

しかし、その他の4チームは難しい戦いを迫られるだろう。グループDのチュニジアは前回王者フランス代表、EURO2020ベスト4のデンマーク代表、アジアよりオーストラリア代表と同居しており、突破の有力候補はフランス&デンマークだ。この2チームが上へ進む可能性が極めて高い。チュニジアは我慢の戦いとなるだろう。

グループFのモロッコ代表の場合は、開幕を前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督が解任される事態となった。これが良い方向へ進めばいいが、同居するクロアチア代表、ベルギー代表、ダークホース候補の1つと目されるカナダ代表はなかなか厄介なチームだ。準備に時間をかけられない新体制のモロッコが組織として互角に戦えるか疑問もある。

グループGのカメルーン代表はスイス代表、セルビア代表、優勝候補の一角ブラジル代表と同居する。もちろん本命はブラジルで、2位争いもスイスとセルビアがリードしている印象だ。カメルーンもアフリカを代表する強豪国の1つではあるが、さすがにサミュエル・エトーほどの才を放つ選手は見当たらない。こちらもカメルーンの突破を予想する者は多くないだろう。

最後にグループHのガーナ代表だが、ガーナは積極的に『新戦力』を探してきた。アスレティック・ビルバオでプレイするFWイニャキ・ウィリアムズをガーナ代表としてデビューさせ、世代別イングランド代表でプレイしてきたブライトンDFタリク・ランプティも今年に入ってガーナ代表としてデビューさせている。こうした強化策は実を結ぶのか。ポルトガルが突破最有力となっているため、目指すは2位だ。


2大会続けてのグループ全滅は避けたいところだが、ベスト16への壁をこじ開けられるのか。最も期待できるのはグループAのセネガルとなり、体制や招集メンバーが変わっているモロッコとガーナは改革が上手くいくことを願うばかりだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ