トップチームでプレイするためにローン移籍を決断 “NEXTフォーデン”ジェイムズ・マカティは飛躍を掴めるか

出場機会を求めジェイムズ・マカティは移籍を決断したようだ photo/Getty images

勝負の年となる

マンチェスター・シティのMFジェイムズ・マカティ(19)がローン移籍を決断したようだ。移籍市場に精通しているファブリシオ・ロマーノ氏はイングランドの実質2部であるチャンピオンシップのシェフィールド・ユナイテッドにシーズンローンすることが決まったと伝えている。

シティの下部組織で育ち、すでにトップチームデビューを飾っている19歳のマカティ。トップチームに定着しているフィル・フォーデンに続く存在として期待されており、NEXTフォーデンと呼ばれている。イングランド代表のアンダー世代では常連で、上手く成長できればフル代表入りの可能性もあるだろう。

英『The Athletic』によるとブライトンやサウサンプトン、レスター・シティ、リーズ・ユナイテッド、ボーンマスのプレミアリーグのクラブがマカティの獲得に興味を示したようだが、シティはこれを拒否したという。

マカティは来季の23-24シーズンはシティに戻ってトップチームでプレイしたいと考えており、今季の22-23シーズンはプレイタイムの確保を望んでいるという。プレミアリーグのクラブでも出場機会は得られるかもしれないが、2部のシェフィールド・ユナイテッであればそれはより確実だといえる。

シェフィールド・ユナイテッドは昨季ウルブズからMFモーガン・ギブス・ホワイトをマカティのようにローンで獲得しており、リーグ戦37試合でピッチに送り出し、12ゴール10アシストを記録した実績がある。そういった背景もシェフィールド・ユナイテッドを選んだようだ。

マカティは攻撃的なインサイドハーフの選手であり、昨季のプレミアリーグ2では23試合で18ゴール2アシストを記録している。U-23の舞台では敵なしであり、さらなる成長を目指す時期に来ている。

シティのトップチームの選手層は厚いが、今後数年でインサイドハーフは世代交代を迎える。現状はケビン・デ・ブライネ、イルカイ・ギュンドアン、ベルナルド・シウバの3人がいるが、デ・ブライネ、ギュンドアンは30歳を超えており、B・シウバはいつ退団してもおかしくない。ギュンドアンは今季で契約が切れることになっており、延長することがなければ来季はいない。トップチームはギュンドアンの後釜確保に動くだろうが、マカティがローン先の活躍次第ではあるが、ポジション争いに割って入ることは考えられる。

期待の若手としてたびたび名前が挙がるマカティ。先にトップチームに定着したフォーデンはすでに主軸となっており、マカティも続くことはできるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ