チェルシーがクリバリに続き仏代表CBも獲得か ユーヴェも関心強め、PSGは売却額を設定

トゥヘル監督の教え子でもあるキンペンベ photo/Getty Images

キンペンベも狙うチェルシー

カリドゥ・クリバリの獲得を進めているチェルシーだが、さらなるセンターバックの補強に出るようだ。アントニオ・リュディガー、アンドレアス・クリステンセンをすでに放出しており、セサル・アスピリクエタも移籍の噂が挙がっており、複数DFの獲得も考えられる。

英『Mirror』によると、チェルシーがパリ・サンジェルマンのブレスネル・キンペンベの獲得に動いていると報道。キンペンベはPSGでも指揮を執ったトーマス・トゥヘル監督の教え子でもあり、現在も同指揮官はキンペンベを高く評価しているようだ。

そんな中で同紙ではPSGがキンペンベの移籍金を5000万ポンドに設定したと伝えており、チェルシーはキンペンベ獲得には同額以上の用意が必要となりそうだ。英各紙の報道ではスターリング獲得に5000万ポンドを費やしており、クリバリにもそれぐらいは移籍金を払うことになるだろう。加えてキンペンベにも大金を使うこととなるのだろうか。

また伊『Corriere dello Sport』では、マタイス・デ・リフト放出の可能性があるユヴェントスもキンペンベ獲得に関心を示していると報じている。チェルシーとユヴェントスによる獲得レースとなる模様だが、決着はどのようにつくのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ