新シーズンはプレミア“単独得点王”もある? 30歳になったソン・フンミンの全盛期はここからくる

昨季は23ゴールを挙げたソン・フンミン photo/Getty Images

トッテナムは昨季以上の完成度

昨季のイングランド・プレミアリーグはアジアサッカー界にとっても特別なシーズンだった。トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが23ゴールを挙げ、リヴァプールFWモハメド・サラーとともにリーグ得点王を獲得したのだ。アジアのアタッカーがプレミアリーグで得点王を獲得するのは普通のことではない。

そのソン・フンミンは今月8日に30歳を迎えたが、米『ESPN』は新シーズンは昨季以上の数字を残すシーズンになるかもしれないと期待をかける。

プレミアリーグでの成績を見ると、2020-21シーズンから覚醒した感がある。ここ5年を振り返ると2017-18シーズンと2018-19シーズンは12ゴール、2019-20シーズンは11ゴールとなっており、この段階ではプレミア得点王を狙える気配はしなかった。安定的に二桁得点に乗せてくる優秀なアタッカーとの印象だったはずだ。

それが2020-21シーズンに17ゴールへ増え、昨季はついに20の大台を超えて23ゴールを記録。これから30代に入るが、ソン・フンミンはなかなかストイックな選手だ。30代半ばに入ったからといって、急速に衰えるケースは考えづらい。

新シーズンへ期待したいのは、まず何と言ってもハリー・ケインとのコンビネーションだ。これは時間をかけるほど成熟しており、今やプレミアNo,1のコンビと言っていい。互いの特長は完璧に理解しているはずで、新シーズンもトッテナムの生命線となる。

そこに今冬加わったデヤン・クルゼフスキもいる。クルゼフスキはシーズン途中の加入ながら昨季プレミアで8アシストを記録しており、右からのチャンスメイクには期待が持てる。さらに連携が深まることで、ソン・フンミンとケインとのコンビネーションはもっと良くなるだろう。

左ウイングバックに入るであろう新戦力のイヴァン・ペリシッチも見逃せない。ペリシッチもチャンスメイク力は高く、左でソン・フンミンと絡めるならアシスト量産の可能性もある。

戦力的には昨季開幕時点より上積みされており、指揮官アントニオ・コンテの哲学も浸透したはず。新シーズンはソン・フンミンが単独得点王なんてシナリオも考えられそうだが、進化はまだ止まらないか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ