アーセナルGKレノはフラムへ移籍か 加入後守護神として活躍も、新星GK躍進の昨季はわずか4試合に

レノのフラム移籍は実現するのか photo/Getty Images

レノの動向にも注目だ

アーセナルで昨季大きなブレイクを遂げたアーロン・ラムズデール。開幕前にここまでのパフォーマンスを発揮することを想像できた者はいなかっただろう。そんなラムズデールに押し出される形でサブに甘んじてしまった男がベルント・レノだ。

昨季以前はアーセナルの守護神としてゴールマウスを守り続けたレノだが、新星のブレイクによって出場機会は激減。2020-21シーズンはプレミアリーグで35試合に出場するなど、18-19年の加入から毎年30試合以上に出場してきた。昨季はリーグでわずか4試合にとどまっており自らの立場は厳しいものとなっている。

そんなレノが出場機会を求め、昇格組のフラムへと移籍してしまうかもしれない。英『EveningStandard』ではフラムがレノと契約することを望んでおり、アーセナルに対して1000万ポンドの移籍金を払う準備ができていると報道。フラムは獲得に向けて自信を持っていると伝えている。

レノが実力者であることは間違いなく、そんな守護神が出場できていない状況であれば、昇格組のフラムからすれば欲しい人材だ。アーセナルはレノをどのように評価するか。新シーズンに向けてのトレーニングが始まっていく中でラムズデールの存在感がさらに大きくなれば、移籍は加速するだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ