成績次第でBIG7になることも? 来季BIG6の牙城を崩せると英紙から期待されているプレミア4クラブ

エディ・ハウ率いるニューカッスルは来季の注目クラブだ photo/Getty images

来季は誰がサプライズとなるか

今季も積極的な補強が目立つプレミアリーグ。マンチェスター・シティらBIG6だけでなく中堅クラブも有望な選手を獲得しており、22-23シーズンに向けて備えている。

英『Squawka』ではそんな中堅クラブの来季に期待しており、BIG6の牙城を崩すのは誰かと考察している。

その前に来季のBIG6は危ういチームが多いことを理解する必要がある。シティとリヴァプールは盤石かもしれないが、昨季3位で終えたチェルシーは補強が進んでいない。とくに大きくメンツが変わる守備陣はネイサン・アケくらいしか獲得濃厚な選手がおらず物足りない。4位のトッテナムと5位のアーセナルは積極的な補強は目立つが、来季はCLとELをリーグ戦と並行して戦う必要がある。週に2度高強度のプレイを選手に求める必要があり、戦い抜けるかが重要になる。6位のマンチェスター・ユナイテッドは補強などの不安な点が多く、現状最も中堅クラブにその地位を脅かされる可能性がある。

同紙が来季最も期待しているのがニューカッスルだ。彼らの活躍でBIG6がBIG7になるのではないかとの期待ぶりであり、今夏はすでにスヴェン・ボトマンとニック・ポープを獲得している。守備陣を強化する素晴らしい補強であり、次は攻撃陣のテコ入れとなるだろう。レヴァークーゼンのムサ・ディアビらが候補で、前線に実力者を加えられればEL、ECL出場権を目指すラインまで到達することはそう難しくないはずだ。

次に8位と苦戦してしまったレスター・シティだ。昨季の夏に行った補強が思ったようにチームにフィットせず、シーズンを通して苦労した印象だ。それでもリーグ優勝の奇跡を起こしたジェイミー・バーディの実力は本物であり、怪我での離脱がありながら昨季は15ゴールを決めている。主力であるユーリ・ティーレマンスがアーセナルに行く可能性があり、今年の夏も忙しくなりそうだ。

3クラブ目はデイヴィッド・モイーズ率いるウェストハムである。昨季7位とユナイテッドをあと一歩のところまで追いつめており、EL出場権を獲得できた可能性もあった。昨シーズン気になったのはマイケル・アントニオに代わることができるストライカーの不在だ。そういった選手がいればシーズン後半の失速に悩まされる必要はなく、来季はトップ6でのフィニッシュが可能となる。

最後はスティーブン・ジェラードが率いるアストン・ヴィラだ。すでに今夏はジエゴ・カルロスとブバカル・カマラを獲得しており、最終ラインと中盤を強化している。昨季の最終節では一時シティ相手に2-0とリードを広げる場面もあり、その実力は確かだ。ここからの補強、ジェラードの手腕次第ではより上の順位でシーズンを終えることができるだろう。

22-23シーズンで期待したいBIG6を脅かす中堅クラブたち。どのクラブも優秀な選手たちが在籍しており、今後に期待だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ