B・フェルナンデスとファン・デ・ベークがキーマンに C・ロナウド退団可能性浮上のユナイテッドは前線をどう構成する?

クリスティアーノ・ロナウドがチームを離れることになれば誰がセンターフォワードを務めるのか photo/Getty images

来シーズンも厳しそうなユナイテッド

来季から新体制がスタートするマンチェスター・ユナイテッドだが、エースであるクリスティアーノ・ロナウドが退団を希望しているようだ。どうやらCLでプレイできるクラブで戦うことを望んでおり、今夏でユナイテッドを去る可能性は高い。

ロナウドがチームを離れることになれば昨季ストライカーとして計算されていた選手を2人手放すことになる。エディソン・カバーニはすでに退団しており、トップチームでは誰が来季最前線に入るのか。

英『90min』ではロナウド退団後のスターティングメンバーを予想している。センターフォワードとして予想されているのはバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキだ。ユナイテッドの選手ではないが今夏退団する可能性があり、獲得に動くと見ているのだろう。世界最高峰のストライカーであり、獲得できればひとまず安心だ。

別の選択肢としてはアントニー・マルシャルやマーカス・ラッシュフォードが最前線に並べられているが、興味深いのはブルーノ・フェルナンデスの偽9番だ。昨季何度か試しており、選択肢としては面白い。

新監督であるエリック・テン・ハーグはアヤックス時代に10番タイプのドゥシャン・タディッチを偽9番として最前線に配置していた時代がある。それがユヴェントスやレアル・マドリードを撃破してCLベスト4に残った時期であり、その際はタディッチを最前線に、ドニー・ファン・デ・ベークをトップ下に置いている。アイデアとしてはテン・ハーグ監督も持っているはずで、可能性としてはある。またマンチェスター・シティやチェルシー、リヴァプールも偽9番を採用するなどプレミアでは純粋な9番を配置しない流れもあり、ユナイテッドもそれに続くのか。

22-23シーズンのプレミアリーグ開幕まであと1カ月ほどしかない。開幕戦はホームでのブライトンであり、そのゲームでは誰がチームの最前線を務めるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ