バルセロナへと加入が決定したケシエ 高いパフォーマンスで中盤に安定感を与える

バルセロナへ移籍を決めたケシエ photo/Getty Images

ケシエの活躍にも注目だ

今季はレアル・マドリードから王座奪還を狙うバルセロナ。前線や最終ラインでさまざまな移籍の噂が挙がっているが、中盤でかじ取り役となれる存在の獲得に成功した。

バルサはミランからフランク・ケシエの獲得を発表。フリーでの加入のため、移籍金はかかっておらず2026年までの4年契約を締結した。新シーズンに向けて大きな補強となるはずだ。

昨季のバルサは若い中盤のプレイヤーを多く起用した。しかしペドリはケガで離脱する回数も多く、他の若手選手は好不調の波があり、安定した戦いを披露することができなかった。ケシエのような実力者が加入することで、より強度高く中盤を固めることができるだろう。

現在26歳のケシエは2017年からミランに加入し、21-22シーズンはセリエAで31試合に出場し6ゴールを記録しており、11シーズンぶりとなるスクデット獲得に大きく貢献。そんなコートジボワール代表MFのバルサでの新たな挑戦が始まる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ