来季の守護神はエデルソンではなく新加入GK? ノイアーでさえ届かないブンデス“最多セーブ数、最多パス成功数”を記録した男

エデルソンの地位を脅かすことになるシュテファン・オルテガ photo/Getty images

代表歴はないがその実力は確かだ

2017年にマンチェスター・シティに加わり、その後は絶対的な守護神として後方からチームを支えるエデルソン・モラレス。魅力はフィールドプレイヤーのような足元でのボール捌きと展開力であり、自陣のボックス内からのロングパスでアシストを記録したシーズンもある。非常に落ち着いた選手であり、相手から激しいプレッシングを仕掛けられても決して動揺せずにパスワークに加わることができる。GKからビルドアップが始まるシティからすればこれほど適した選手はいない。

しかし気になるとすればセービングか。決してこれまで悪い成績を残してきたわけではなく、昨季はリヴァプールのアリソン・ベッカーと共に最多クリーンシート数(20回)を記録した。だが、タイトルに直結するようなゲームでチームを勝利に導くようなビッグセーブは少なく、昨季のレアル・マドリードとのCLラウンド4では2試合で6失点を許してしまった。

そんなシティに新たなGKとしてドイツのビーレフェルトからシュテファン・オルテガが加わった。フル代表歴のない29歳のプレイヤーだが、昨季はビーレフェルトで最多セーブ数(125回)と最多パス成功数(1115回)を記録しており、バイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアーさえ届かないスタッツを残した。ドイツの絶対王者であるバイエルンからも関心を寄せられたGKで、見事争奪戦を制しシティにやってきた。

序列でいえばエデルソンに続く2番手となるが、ビルドアップで貢献でき、安定したセービングを見せられればスタメン奪取の可能性はある。初のイングランド挑戦と適応に時間はかかる可能性はあるが、来季はリーグ戦、CL、2つのカップ戦、さらにはワールドカップ・カタール大会と過密日程が予想されており、オルテガにも出番は回ってくるだろう(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ