主力2枚の放出で1億ポンドの利益が生まれる可能性 リーズは選手売却でのし上がったレスターのようになれるか

カルヴィン・フィリップスのマンチェスター・シティ行きは濃厚だ photo/Getty images

来季は大きく陣容が変わることになりそうだ

昨季は17位とギリギリでのプレミアリーグ残留を決めたリーズ・ユナイテッド。監督交代など難しいシーズンとなったが、何とか来季もプレミアで戦うことができそうだ。

そんなリーズだが、チームの軸とされていた2人の主力が今夏でチームを離れる可能性が高い。MFカルヴィン・フィリップスとFWハフィーニャのことだ。フィリップスはマンチェスター・シティ行きが、ハフィーニャはチェルシー行きが近いと英『The Athletic』が伝えている。同紙によるとフィリップスは4500万ポンド、ハフィーニャは5500万ポンドの移籍金が発生するようで、総額1億ポンドの大きな取引となる。

ここからどう動くかで今後のリーズのクラブとしての格が決まることになる。15-16シーズンにプレミアを優勝したレスター・シティは当時の主力であったエンゴロ・カンテやリヤド・マフレズ、ダニー・ドリンクウォーターらを売却し、1億2700万ポンドの大金を得ている。その後はケレチ・イヘアナチョやハリー・マグワイア、ジェイムズ・マディソン、ユーリ・ティーレマンスらチームの核となる選手を獲得して現在の地位を確立した。昨季は難しいシーズンとなったが、20-21シーズンはリーグ5位、FAカップのタイトルを手にしている。

リーズはすでに積極補強に動いており、レッドブル・ザルツブルクからブレンデン・アーロンソンとラスムス・クリステンセンを、バイエルン・ミュンヘンからマルク・ロカを獲得している。そこにフィリップスとハフィーニャの移籍金が入ればまだまだ補強にお金はかけられるだろう。英『TEAMtalk』によればPSVのコディー・ガクポに興味を寄せているようで、ハフィーニャの後釜だと考えられる。

主力の放出で大金がチーム内に入ることが予想されるリーズ。レスターはその資金で戦力を強化し、リーグ5位、FAカップを優勝することができるスカッドを作り上げている。リーズが第2のレスターになる可能性は高く、今後に注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ