G大阪の新助っ人MFが強度見せて広島を撃破 チームを支えるダワンの貢献度

中盤で絶対的な存在感を見せるダワン photo/Getty Images

今試合では斎藤とコンビを組んだ

J1第15節でガンバ大阪はサンフレッチェ広島と対戦。2ゴールを決めたG大阪が2-0と勝利し、勝ち点3を獲得する。中盤から相手を封じ込め、強度の高さを見せつけた男がダワンだ。

今試合もボランチで先発したダワン。斎藤未月とのコンビで相手の中盤からボールを奪い、ピンチの場面でも身体を投げ出してブロックした。野津田岳人を欠き、2ボランチを形成した広島に負けず、チームを中央から支える。

彼の貢献度は数字にも現れており、デュエル勝利数では、8度のデュエル回数で6勝をマーク。さらに3度のインターセプトと4度のタックル成功数を記録するなど、守備で存在感を発揮した(データは『SofaScore』より)。

今季からG大阪に加入した本格派なMFは、すでにチームに欠かせない存在として君臨している。CSAやポンチ・プレッタなどで主力となり、ブラジレイロ・セリエBやセリエAでも活躍。26歳の助っ人が中盤からG大阪をけん引しているのだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ