代表に欲しい数少ない好機を仕留める“必殺仕事人” 9ゴールに関与の鈴木雄斗や水沼ら一芸に秀でた選手の選出は?

ジュビロ磐田で活躍する鈴木雄斗 photo/Getty images

面白い人材だ

すでに13節までが消化された2022年シーズンのJリーグ。今季は鹿島アントラーズが好調であり、勝ち点28ポイントで首位に。特に上田綺世、鈴木優磨のコンビが素晴らしく、攻撃をけん引している。その鈴木はここまで6ゴール4アシストを記録。10ゴールに関与しており、現時点では最も得点に絡んでいる選手になっている。ベルギーから戻ってくることになったが、さすがの活躍だ。そんな鈴木に続いて9ゴールに関与しているのが、ジュビロ磐田のMF鈴木雄斗である。

水戸ホーリーホックでキャリアをスタートさせ、その後川崎フロンターレなど複数のクラブを渡り歩いて昨季磐田に加入している。複数のポジションでプレイできるユーティリティプレイヤーで、磐田では右ウイングバックが多いが、左ウイングバックやセンターバックでもプレイしている。ほかにもFWやMFでも起用されるなど、多様性を持つ。

そんな鈴木は今季開幕戦のアビスパ福岡戦から右ウイングバックとして全試合にフル出場しており、5ゴール4アシストの計9ゴールに関与している。これは鈴木優磨の10ゴールに続く、リーグで2番目の好成績だ。

鈴木の強みは前述したユーティリティ性など複数あるが、やはりアタッキングサードでの効果的なパスは素晴らしい。その場に応じてスルーパスやクロスを使い分け、好機を演出していく。2-1と勝利した直近のFC東京戦でも鈴木の正確さは光っており、アタッキングサードでフリーの味方を見つけ、上原力也の先制点をアシストしている。ダメ押しの2点目もアシストこそついていないが、鈴木のクロスから得点は生まれており、ウイングバックが攻撃をけん引している。

日本代表入りは現実的ではないかも知れないが、鈴木や横浜F・マリノスの水沼宏太のように一芸に長けた選手の選出も面白いか。水沼はクロスの名手であり、昨季は9アシストを記録した。ピンポイントで相手の欲しい場所にパスを届ける能力に長けており、この鈴木、水沼は最後のパワープレイ要因としてサムライブルー入りを期待したい。

今季10ゴールに関与する鈴木優磨に続く9ゴールに絡んだ鈴木雄斗。J2で長くプレイしていた苦労人で、J1でも問題なく通用している。今季確実に名を売っている選手で、今後に注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ