得点力不足の浦和でカギとなる男 ACLチーム得点王が助っ人との好連携見せる

ACLでの得点量産をJでも期待 photo/Getty Images

ACLでは5得点を決めてチーム最多

浦和レッズはJ1第13節でサンフレッチェ広島と対戦。両者得点は奪えず、0-0のスコアレスドローに終わった。この試合でもゴールは奪えずリーグ戦3試合連続での無得点となった今試合だが、前線で可能性を見せたのが松尾佑介だ。

今試合は途中出場となった松尾だが、76分から途中出場を果たす。左サイドハーフに入りチャンスメイクすると82分にはミドルシュートで決定機を作るなど、得点の匂いを醸し出す。

またポジションは左サイドハーフながらインサイドに入り、1トップのキャスパー・ユンカーと近い距離でプレイ。江坂任が下がってボールを受けながら、松尾が中央に入り、大外を左サイドバックの明本考浩が突く。その形には広島も即座に対応できず、彼らを起点にチャンスができた。

FC東京戦ではアレックス・シャルクとも好連携を見せ、ACLで1トップでゴールセンスを見せた松尾。彼の覚醒と助っ人とのコンビネーション強化が、得点力不足を脱する大きなカギとなる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ