ヴィエラの後継者は現在アフリカで活躍中 アーセナルからバルサへの移籍でソングが重要視したものは

アーセナルでキャリアが花開いたソング photo/Getty Images

アフリカのジブチでリーグ2連覇を達成したソング

元カメルーン代表、アレクサンドル・ソングはアフリカ東部に位置するジブチ共和国のチームでリーグタイトルを獲得した。

ソングが所属するアルタ・ソラール7はリーグ最下位のアリバから12-1の勝利をあげ、ジブチプレミアリーグのタイトル獲得を決めた。今季のアルタ・ソラール7は18試合でわずか1敗と圧倒的な強さを見せ、ソングはジブチプレミアリーグ2連覇を経験した。

ソングと言えば、アーセナルやバルセロナにいた頃がハイライトといえる選手だろう。フランスのバスティアでプロキャリアをスタートすると、元フランス代表パトリック・ヴィエラの後釜を探していたアーセン・ヴェンゲル氏に目をつけられ、アーセナルに引き抜かれた。

アーセナルのラストシーズンとなった2011-12シーズンには、得点王を獲得したロビン・ファン・ペルシーのゴールを数多くアシスト。このシーズン、ソングのアシスト数は11を数え、リーグトップとなったダビド・シルバの記録まであと4つと迫った。

2012年夏になるとバルセロナへ移籍。加入初年度となる2012-13シーズンはリーグ戦20試合に出場し優勝に貢献。2014年以降はイングランドのウェストハム、ロシアのルビン・カザン、スイスのシオンと移籍を繰り返し、2020年11月にアルタ・ソラール7へと加入した。

スイスのシオンから退団する際は、不幸にも円満な別れとはならなかった。新型コロナウイルスの影響により、シオンの会長が選手たちに減俸を要求。これによりソングを含む9人の選手が退団する騒動となった。

英『The Mirror』は、ソングがこれまでのキャリアにおいて給与面を特に重要視してきたとみている。アーセナルからバルセロナへの移籍を決めた際はスポーツディレクターから「あまり試合には出られないだろう」と言われるも、給与面を優先。「僕のキャリアが終わった後は、妻と子供たちが快適な生活を送るべきだと思ったんだ」と話している。

この発言からは、ソングがこれまで家族のことを考えて稼げるキャリアを歩んできたことが窺える。チームの選び方は選手によって十人十色。ソングは現在アフリカのクラブで幸せなサッカー人生を送っている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ