移籍先で評価の低かった元アヤックス戦士たちが躍動 ファン・デ・ベークらに訪れた環境の変化

エヴァートンで評価を高めるファン・デ・ベーク photo/Getty images

ファン・デ・ベークは所属先を変更している

18-19シーズンのCLでは並みいる強豪を倒し、4強入りを果たしたアヤックス。当時のメンバーは欧州を代表するビッグクラブに引き抜かれることになった。

しかし、移籍先では苦戦を強いられることになる。マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したドニー・ファン・デ・ベークはまともに出場機会を得られず、バルセロナへ移籍したフレンキー・デ・ヨングはチームの転換期に飲み込まれ、チェルシーへ加わったハキム・ツィエクもシャドーのポジションへの適応に苦しんでいた。

だが、状況は変わりつつある。明確に変化があったのはファン・デ・ベークだ。今冬の移籍市場でエヴァートンに加わり、さっそく出番を得ている。英『Daily Mail』では指揮官のフランク・ランパードが「才能、知性、意識の高さを兼ね備えた選手」とファン・デ・ベークを称賛している。

デ・ヨングも移籍の可能性まで取りざたされたが、シャビ・エルナンデスが監督に就任してからは継続して起用されている。インサイドハーフやアンカーとして躍動しており、自身の才能が本物であることを証明している。

ツィエクはチームにけが人が続出するアクシデントが起きたことで自身が最も輝くことのできるサイドに置かれ、パフォーマンスを上げている。サイドからの仕掛けは強力で、クラブW杯を除く直近5試合で3ゴール1アシストの活躍ぶりだ。トーマス・トゥヘル監督からの信頼は勝ち得たといっていい。

環境の変化もあり、躍動を始めた元アヤックスの三銃士。能力の高さはアヤックス時代にすでに証明されており、今後の活躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ