アーセナルは“No.1ゴールゲッター”をどう活かす? オバメヤン退団で浮上する偽9番プラン

21歳にしてアーセナルを引っ張るスミス・ロウ photo/Getty Images

マンCのように純粋なFWが少なくても結果を出しているクラブがある

今冬にFWピエール・エメリク・オバメヤンを手放したアーセナルは、来季以降センターフォワードの人選をどうしていくのか。現在はアレクサンドル・ラカゼットがいるが、ラカゼットとクラブの契約は今季限りだ。また、ラカゼットも今季はリーグ戦で3得点とあまり数字は残せていない。

今夏に新たなセンターフォワードを獲得するプランや、若いガブリエウ・マルティネッリに賭けるのもいいだろう。それに加え、英『90min』は主に2列目で活躍するMFエミール・スミス・ロウを最前線にコンバートする案もアーセナル側にはあると伝えている。

今季全コンペティション合わせて10得点を挙げているスミス・ロウは、ブカヨ・サカ(8得点)、退団したオバメヤン(7得点)らを抑えてチームのトップスコアラーとなっている。この完成度でまだ21歳というのだから恐ろしい。

今季は同じプレミアリーグでもFWセルヒオ・アグエロを失ったマンチェスター・シティがMF陣の得点力を引き出しながら攻撃を機能させており、純粋なセンターフォワードがいなければダメというわけではない。

もちろんアーセナルはオプションとして新たなFW獲得へ動くべきだろうが、スミス・ロウを最前線へ配置するオプションを試すのも1つの手だ。今季覚醒したスミス・ロウの能力をさらに引き出していけるのか。指揮官ミケル・アルテタの手腕に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ