鹿島でJ1連覇も経験した男がフリーに 元日本代表DFはどこでプレイするのか

昨季は横浜FCでプレイした伊野波 photo/Getty Images

昨季限りで横浜FCを退団した

アルベルト・ザッケローニ監督の日本代表に選出され、アジアカップ優勝にも貢献した男が、現在もフリーの状況が続いている。昨シーズン限りで横浜FCを退団した伊野波雅彦だ。J1連覇も経験した今季はどうなるだろうか。

阪南大学在学中に2006年にFC東京へと加入した同選手は、加入初年度からJ1で28試合1得点を記録した。2008年に鹿島アントラーズへ移籍すると1年目からJ1優勝を経験。翌年も1位に輝き、クラブのJ1連覇のメンバーとなった。

2011年にはアジアカップを戦うザックジャパンに選出されると、準々決勝のカタール戦で決勝ゴールを挙げる活躍で優勝に貢献。同シーズンからはクロアチアのハイドゥク・スプリトへ移籍し、欧州挑戦を果たすなど更なる飛躍を遂げた。日本復帰後はヴィッセル神戸やジュビロ磐田でプレイを続け、2019年には横浜FCへ加入。昨季は19試合に出場した。

カバーリング能力やスピードに加えて対人守備の強さを見せ、ロングフィード精度も売りのDFだ。CBや両SBだけでなくボランチでもプレイできるなど、ユーティリティ性も高く、今後もJ1やJ2で高い能力を発揮できるはずだ。

現在36歳となった同選手だが経験も豊富であり、リーダーとしてチームを牽引していくことも期待できる。今もフリーが続く伊野波だが、今季はどのクラブでプレイすることとなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ