世界に衝撃与える《ダンジュマジック》 伸び悩んだ男が来年のW杯へ猛アピールだ

ビジャレアルで躍動するダンジュマ photo/Getty Images

オランダ代表でも主力になれるか

これまで存在を知らなかった人もいるのではないか。

今季スペインの地で躍動しているのが、ビジャレアルFWアルノー・ダンジュマだ。

24歳のオランダ人アタッカーは国内の名門PSVのアカデミー出身者で、2016年に加入したエールディヴィジのNECでは2017-18シーズンにリーグ戦11得点を記録するなど順調なスタートを切っていた。

それもあって2018年にはオランダ代表デビューも果たすのだが、そこから伸び悩んだ時期があった。2018年にはベルギーのクラブ・ブルージュへ向かったものの、思うような活躍ができず。代表も2018年10月を最後に招集されなくなってしまったのだ。今夏のEURO2020でもメンバー外だ。

そんなダンジュマが昨季急にブレイクした。イングランド2部のボーンマスでリーグ戦15得点の成績を残すと、今夏ビジャレアルへ移籍。ここまで18試合に出場して9得点とダンジュマは大当たりだ。今季のブレイクプレイヤーと言っていいだろう。

左サイドから積極的に仕掛けるダンジュマのパフォーマンスは「ダンジュマジック」と称賛されており、今季はチャンピオンズリーグでも4得点と結果を残した。

伊『Calciomercato』によれば、ミランも3年ほど前にダンジュマをチェックしていたという。獲得は実現しなかったが、目利きは間違っていなかったことになる。

178cmとそこまで大きい選手ではないが、イングランドで揉まれたのかフィジカルコンタクトにも強い。ストップ&ゴーを駆使するなどオランダ人選手らしいドリブルテクニックもあり、ついに今年11月には再び代表に招集された。

今のオランダ代表にはメンフィス・デパイをはじめ、ドルトムントFWドニエル・マレン、PSVで堂安律とチームメイトのコーディ・ガクポ、ベルギーのクラブ・ブルージュで躍動するノア・ラングといった若いアタッカーに加え、アヤックスで結果を出す29歳のステフェン・ベルハイスなど、魅力的な選手が揃う。

しかし、ダンジュマが今の活躍を続ければ来年のワールドカップでポジションを確保することも不可能ではないはず。

2019-20シーズンにはボーンマスの一員としてプレミアリーグに参戦しながら無得点に終わる屈辱も味わった。あれから2年、ダンジュマは得点に絡めるアタッカーに生まれ変わり、世界に衝撃を与えている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ