川島永嗣が味わうまさかの大快進撃 昨季15位のチームがPSGに次ぐ超攻撃集団になっていた

前線からチーム引っ張るアジョルク photo/Getty Images

197cmの巨人FWら大暴れ

リーグ・アンで圧倒的戦力を誇るパリ・サンジェルマンと得点差が僅かに2点。今フランスで密かな快進撃を見せているのが、ストラスブールだ。

ストラスブールといえば日本代表GK川島永嗣の所属するクラブで、2017-18シーズンより久々にリーグ・アン(1部)へ昇格してきた下位クラブだ。順位も2017-18シーズンが15位、そこから11位、10位、昨季も15位と平凡で、どちらかといえば残留を最優先にしてきたクラブだ。

ところが、そのクラブが今季は6位につけている。それも超攻撃的だ。

ここまでリーグ・アンは17試合を消化し、最多得点チームはパリ・サンジェルマンで36点。ストラスブールはそれに次ぐ34点を挙げている。

原動力となるのは、27歳のFWルドヴィク・アジョルクだ。ほとんどの時間を下位リーグで過ごしてきた苦労人で、リーグ・アンでのプレイはストラスブールに移籍した2018-19シーズンが初めてという選手だ。最大の武器は197cmのサイズにあり、今季はここまで9得点を記録している。

アジョルクは昨季も16得点挙げていたため、その勢いが今季も続いていることになる。

そのアジョルクに加え、心強いのがセネガル代表FWハビブ・ディアロ(8得点)、攻撃的MFアドリエン・トマソン(6得点)の2人。今はアジョルク、ディアロ、トマソンがチーム得点数TOP3となっているのだが、これは昨季と全く同じ並びだ。昨季はアジョルクが16点、ディアロが9点、トマソンが5点挙げていた。すでにトマソンは昨季の得点数を超えており、アジョルクとディアロも超えてくる可能性が高い。

また今夏にはフリーで34歳のベテランFWケビン・ガメイロを獲得。リーグ・アンでの経験も豊富なガメイロもここまで4得点を挙げており、ストラスブールの前線はなかなか層が厚い。

今季からは41歳の青年監督ジュリアン・ステファンを迎えているが、同指揮官はレンヌを2019-20シーズンに3位、へ押し上げた期待の青年監督でもある。ここまではストラスブールでの仕事も順調と言えるのではないか。

川島に全く出番がないのは残念だが、伏兵ストラスブールは注目する価値がある。パリに次ぐ攻撃軍団がストラスブールになるとは誰も予想していなかったはずで、勢いがどこまで続くのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ