ずっと“最強の2番手FW”ではいられない 148.6分に1ゴールのG・ジェズスはどこへいく

高い得点力誇るG・ジェズス photo/Getty Images

そろそろトップクラブで1番手になりたい

イングランドにやってきて4年半。世界最高クラスの2番手FWと呼ぶにふさわしいのが、マンチェスター・シティFWガブリエウ・ジェズスだ。

ジェズスをワールドクラスのストライカーと呼ぶべきかは意見が分かれるかもしれない。能力は高いが、マンCではほとんどの時間をセルヒオ・アグエロに次ぐ2番手として過ごしてきたからだ。どうしてもアグエロの方がインパクトがあり、ジェズスは脇役のイメージから抜け出せずにいた。

しかし、プレミアリーグでの成績を考えればジェズスは十分に一流だ。ジェズスはここまでプレミアリーグで148.6分に1ゴールのペースでネットを揺らしているのだが、これは2016-17シーズン以降のプレミアリーグでは5番目にハイペースだ。

4位はアーセナルFWピエール・エメリク・オバメヤン(144.8分)、3位リヴァプールFWモハメド・サラー(127.8分)、2位がアグエロ(117.2分)、そして1位がトッテナムFWハリー・ケイン(108.1分)だ。ジェズスもプレミアを代表する点取り屋であることは間違いない(数字は『WhoScored』より)。

大切なのはここからのキャリアだろう。とうとうアグエロがマンCを離れたが、今夏はジェズスの周囲も騒がしい。マンCではケインの獲得案が噂されており、仮に加わるようなことがあればジェズスの序列は2番手のままだろう。2016-17シーズンから得点ペース2位のアグエロに続き、1位のケインがライバルになるのは運が悪すぎる。

ジェズスにもユヴェントスが関心を示しているとの話題があるが、1番手として輝ける時はくるだろうか。得点感覚はずば抜けたものを持っているだけに、24歳の年齢的にもそろそろトップクラブで真のエースになりたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ