“SBがサイドに張る”のが浦和では珍しい? 仙台戦で見せた西大伍を起点とした攻撃

浦和の右SBに君臨する西(写真は湘南戦) photo/Getty Images

西大伍のクロスから再三チャンスをつくる

浦和レッズとベガルタ仙台は明治安田生命J1リーグで対戦。互いに得点はなくスコアレスドローで終了した。得点は奪えなかったものの、浦和は普段とは異なる形でチャンスをつくり出していた。

そのキーマンとなった男が西大伍だ。西はこの試合でも右SBでスタメン出場を果たす。普段はインサイドに入りながらポゼッションに積極的に参加する西だが、今試合はサイドハーフの田中達也が内側に入り、西がサイドに張る形を見せた。

前半から右サイドで攻撃の起点となり、得点機を創出。西のクロスからキャスパー・ユンカーのヘディングでゴールを脅かすシーンを見せた。普段は田中がサイドから切り込む形が多かったが、ワンタッチでゴールを決める技術も高いユンカーへのクロスで打開する形を試行。相手GKの好セーブに阻まれ無得点に終わるも、よい形を何度も見せた。

これによりサイドからの攻撃の武器を増やすことができた。内側からクロスを供給したり、中央の小泉佳穂などにパスを送るシーンも多かったため、相手もそのようなケアをしてくるだろう。その西がサイドに張り、ドリブルが得意な田中が中央で相手DFを切り裂く攻撃が展開できれば、状況に応じてあらゆる攻撃を打ち出すことが可能だ。本来はサイドに張ることが多いSBだが、技術力の高い西は中央に入ることも多いため、サイドに張っているのはむしろ珍しい光景だった。

次戦の大分トリニータは3バックのシステムを起用している。その相手に対してサイドからどのように攻め入るのだろうか。浦和の攻撃にも注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ