決定力不足とはもう言わせない チャンスを得点につなげるスターリングがEUROで復活か

決勝点を決めたスターリング photo/Getty Images

イングランドの2つのゴールを決める

今季はプレミアリーグで10ゴールを決めながら決定力不足を挙げられて大きな批判を浴びたラヒーム・スターリング。昨季までは得点源の1人だった男は、今オフにマンチェスター・シティの放出候補とまで言われている。

そんな中で行われたUEFA EURO2020では、ここまでイングランド代表で2ゴールを記録。3試合でチームで得点を決めたのは彼のみであり、絶不調のハリー・ケインに代わってゴールを決めてグループ首位通過を果たした。

チェコ戦でも左サイドのジャック・グリーリッシュがケインとのパス交換からクロスを供給。それに飛び込んだラヒーム・スターリングがヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。

90分を通した内容自体は決して良いとは言い切れないものの、ゴールは確実に決めておりチームに貢献。スターリングは3試合で5本のシュートを放ちながら2得点を記録しており、枠内シュートはゴールを決めた2つ。チャンスを確実に得点へとつなげている。得点を決められなかったスコットランド戦でも、1人で打開しようと孤軍奮闘。イングランドの前線をけん引している。

今オフでマンCを退団する可能性もあるスターリングだが、もう一度EUROで自身の価値を示したいところだろう。そのためには自らのゴールでイングランドを勝利に導く必要がある。首位通過に大きく貢献したスターリングが、このままチームをEURO初優勝に導なことができれば、来季も再び良いパフォーマンスが復活するかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ