マンUがサンチョ獲得を諦める? 狙いをバルサのアタッカーへチェンジか

デンベレに狙いを変えるか photo/Getty Images

サンチョの獲得交渉が難航中とも

マンチェスター・ユナイテッドの今オフのトップターゲットとされているのが、ジェイドン・サンチョだ。ここ数年マンUの獲得候補となるサンチョへ現在も交渉を進めている段階だという。

しかしドルトムントも、サンチョを放出するには設定した移籍金より低い金額では譲らない構えを徹底。シーズン中から話が上がっているこの移籍の噂も、なかなか実現されないのが現状だ。

そんなマンUはもしかすると狙いを別の選手に変えるかもしれない。その候補となっているのが、現在バルセロナに所属するウスマン・デンベレ。ドルトムントからバルサへ加入した快速アタッカーだが、けがの影響もあり、移籍後はあまり活躍することができていない。そんなデンベレにマンUが獲得を目指す可能性がある。

デンベレは現在23歳。サンチョよりは2つ歳が上だが、独特なリズムがあるドリブルを持ち一瞬のスピードで相手を抜き去るアタッカーだ。マンUではマーカス・ラッシュフォードやメイソン・グリーンウッドといった若いアタッカーが多い。そこにドリブルとスピードに特徴を持ったデンベレが加入すれば、マンUの攻撃陣に新たなアクセントを加えることができるだろう。サンチョに求める攻撃的な役割もデンベレに任せることが可能だ。

スペインメディア『SPORT』によると、マンUがデンベレに関心を強めていることを報道。ユヴェントスなどの獲得候補にもなっており、バルサ移籍の可能性は高いようだと伝えている。

ドルトムントで鮮烈なデビューを果たしたデンベレだが、バルサ移籍後はなかなか自身の価値を高めることができない。他クラブへ移籍することで、再び高いパフォーマンスを発揮できるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ