5人の“カンテ後継者候補”? 仏に揃うU-23のボールハンターが恐ろしい

レンヌのカマヴィンガは間違いなくA代表へ入ってくる photo/Getty Images

リーグ・アンで伸びる守備職人たち

フランスではチェルシーに所属するMFエンゴロ・カンテのブレイクもあり、中盤でボールを狩り取ることの出来るMFに注目が集まるようになった。今やカンテは世界を代表するセントラルMFであり、ボールを奪う能力は一級品だ。

しかし、フランスの恐ろしさは若い世代にカンテ級のボールハンターになり得る存在が複数揃っているところにある。今季のリーグ・アンにて、ボールを狩り取り続けた5人の若き守備職人がいるのだ。

U-21フランス代表は今夏のU-21欧州選手権でもベスト8の成績を残しているが、その5人もメンバーに入っている。まずはリヨンの21歳MFマクサンス・カケレで、今季リーグ・アンでは全体22位となる72回のタックルを記録。

2人目は酒井宏樹と同じマルセイユでプレイしていた21歳のDFブバカル・カマラで、こちらはリーグ全体10位となる88回のタックルを記録。カマラはセンターバックもこなせる選手で、将来的にビッグクラブでもプレイ出来るだけの素質を備えている。

3人目はモナコに所属する22歳のMFユスフ・フォファナで、今季はリーグ9位となる90回のタックルを記録。U-21欧州選手権では出番がなかったが、ベンチには入っていた。

マルセイユのカマラも守備力は高い photo/Getty Images

仏がボールハンター不足に陥ることはない

4人目はレアル・マドリードからの関心も頻繁に噂されたレンヌ所属の18歳MFエドゥアルド・カマヴィンガだ。カマヴィンガはすでにA代表でのプレイも経験している早熟の実力者で、今季はリーグ・アンで全体6位となる98回のタックルを記録している。将来的にA代表で主力になるのは間違いなく、カンテに続いてワールドクラスのセントラルMFになるであろう期待の実力者だ。

そして最後の5人目は、リーグ全体2位となる127回ものタックルを決めたモナコ所属の21歳MFオーレリアン・チュアメニだ。敗れはしたものの、チュアメニは5月31日に行われたU-21欧州選手権準々決勝のオランダ戦にもフル出場しており、タックル数では最もカンテに近いタイプか。

モナコは今季リーグ戦で3位に入ったが、先に紹介されたフォファナとチュアメニのボールハンターコンビが揃っていることも大きかった。リーグ・アンでは今季2人だけで200回以上もボールを狩り取ったことになる。

彼らはこのままA代表でも中盤の支配者となるだろうか。カンテ級のMFを育成するのは簡単ではないが、この5人はそれに近い存在になれるかもしれない(数字は『WhoScored.com』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ