“W杯予選6戦連続弾”を決めた南野拓実 ゴールラッシュの口火を切った先制点の要因は

2ゴールを決めた南野 photo/Getty Images

前半で4ゴールを奪った日本代表

南野拓実がFIFAワールドカップのアジア2次予選6試合連続ゴールを挙げた。ミャンマー戦の先制点となったこの得点は、南野の技術力の高さが見られる得点となった。

日本代表は8分に先制ゴールを挙げる。吉田麻也の縦パスを鎌田大地が受けると、ワンツーで南野が抜け出す。最後は南野がアウトサイドでゴールネットを揺らし、先制点を決めた。

鎌田からのパスを受けた南野は、すぐさま前へとボールを動かしながらドリブルのしやすい位置へとトラップ。鎌田へパスを送ると、ワンツーの形で再び南野へとボールが渡る。そのパスに対して自らの足元へ丁寧にコントロール。そのままドリブルを開始し、フィニッシュへと持っていった。

あそこでトラップを誤ってしまうとボールをクリアされてしまうだろう。一度目に鎌田からボールを受けた時は前にスペースがあったため、ドリブルのしやすい位置へとボールを前へ出した。ワンツーで抜け出した二度目のトラップ時は、相手が寄せてくることも予測して足元で正確にパスを受けた。瞬時の状況判断で受け方やトラップの仕方も変えるという南野の技術力の高さが垣間見える素晴らしいゴールだ。

また2点目のシーンでは、ボールを受けると一度トラップが流れそうになるものの、セカンドタッチで左へ大きく出すことで、相手DFもかわしてゴールを決める。このシーンでもミスになりそうなところから、そのまま相手を置き去りにする技術と修正する力を見せてチームの7ゴール目を奪った。

今季は1月からサウサンプトンでプレイ。チェルシー相手にも高い技術を見せつけて得点を奪っている。彼の正確なトラップと高い技術力が、W杯予選6試合連続ゴールの原動力となっているのだろう。最多記録は7試合連続得点を決めた本田圭佑だが、日本の新たな10番は超えることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ