“10試合0得点”でも信頼度抜群 レッズに得点を呼び込む武藤雄樹の数字には残らない貢献力

武藤はリカルドサッカーにおいてキーになる photo/Getty Images

G大阪戦でも武藤の存在が得点を生んだ

浦和レッズは明治安田生命J1リーグの第14節でガンバ大阪と対戦。キャスパー・ユンカーの2ゴールと田中達也の得点で3-0と勝利した。この試合でスタメン出場した武藤雄樹は、田中の得点時に数字には残らない大きな貢献をしている。FWでいまだノーゴールながらリカルド・ロドリゲス監督から信頼される理由が、田中のゴール時の武藤に詰まっていた。

試合は浦和が1点を先制した20分、ユンカーが右サイドから大きなサイドチェンジのボールを送ると、左サイドで上がっていた明本考浩が受ける。明本の低いクロスに合わせた田中が右足で合わせてネットを揺らし、追加点となるゴールを決めた。

得点までの流れにおいて武藤は一切ボールを触っていない。しかし、明本がパスを受けて中央へと顔を向けたときに武藤は、ファーサイドへ走る動きを見せながら一気にニアへと走り出した。それにつられた相手のDFは武藤へマークを付けるために田中へのパスコースを開けてしまう。その結果、明本の高精度なクロスもあり田中は合わせるだけでネットを揺らすことができた。

もしかすると武藤自身は本当にニアで受けようと思っていたかもしれない。しかし、結果的には囮となったことで田中へのゴールを導き出した。明本も武藤の動き出しによってパスの選択肢が複数生まれることとなり、田中を選択した。武藤はその献身的な動きで一時期は1トップのポジションで"偽9番"の役割を任せられるなど、リカルド・ロドリゲス監督に大きな信頼を寄せられている。

武藤は今季10試合に出場しているが、いまだに得点は0。それでも使われ続ける理由は、彼の動き出しによって別の選手が得点を重ねることができているという事実があるからだ。数字には残らない点で活躍できる武藤の存在が、新システムで戦う浦和のキーマンになっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ