CL・ELで勝てぬイタリア勢 ミラン、インテルに求められる完全復活

インテルはスクデット見えてきているが…… photo/Getty Images

国内リーグは盛り上がってきたが……

今季のセリエAはインテルとミランの古豪2チームが久々に首位争いを展開しており、例年とは異なる盛り上がりを見せている。

両チームを追う王者ユヴェントス、攻撃的なサッカーで上位に食らいつくアタランタ、他にもナポリ、ローマなど今季のセリエAは面白い。近年はユヴェントスの一強に近い状態が続いていたが、その状況が崩れ始めている。

再びセリエAに注目が集まっているのはいいことだが、次なるステップが待っている。それは欧州カップ戦の舞台で結果を残すことだ。

インテルも国内では強さを発揮しているが、チャンピオンズリーグの方はグループステージであっさりと敗退。ミランもヨーロッパリーグのベスト16でマンチェスター・ユナイテッドに敗れてしまった。

ユヴェントスもチャンピオンズリーグのベスト16で敗れており、ラツィオ、アタランタも同じく敗退。ベスト16でイタリア勢は全滅することになり、この結果は寂しい。今季欧州の舞台で残っているのはヨーロッパリーグのベスト8に入ったローマのみだ。

ミランは欧州で戦えるレベルまで復活するか photo/Getty Images

ユーヴェ以外のクラブも欧州で結果を残したい

チャンピオンズリーグでイタリア勢が優勝したのは、2009-10シーズンのインテルが最後だ。そこからはユヴェントスが2度ファイナルに進んだが、欧州カップ戦の方では大苦戦を強いられてきた。

2013-14シーズン、2015-16シーズンにはベスト16でイタリア勢が全滅する屈辱を味わっており、ドイツ、スペイン、イングランド勢に差をつけられてしまった印象だ。

ヨーロッパリーグの方では昨季インテルがファイナルへ進んだが、ファイナルはセビージャに2-3で敗北。UEFA杯からヨーロッパリーグに名称が変更されて以降、まだイタリア勢は1度もヨーロッパリーグを制していない。

リーグ全体を盛り上げていくには、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの方でも結果が欲しい。それがセリエA完全復活への必須事項だが、蘇りつつあるミランやインテルは来季から欧州の舞台でも結果を出していけるのか。

大切なのはリーグと戦力を上手くローテーションしていくことで、特定の誰かに頼った戦い方ではチャンピオンズリーグのグループステージを突破することも難しい。インテルやミランにはチャンピオンズリーグでも通用するプランBが欲しいところで、真の意味での名門復活に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ