ハメスの“全盛期”はいつなのか クラブでは今ひとつ輝けぬコロンビアの英雄

エヴァートン移籍当初は話題となったハメスだが…… photo/Getty Images

代表では主役だが……

才能ある選手なのは間違いないが、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは全盛期が分かりづらい選手でもある。

今季はエヴァートンでプレイしているが、ここまでプレミアリーグでは5得点4アシストの成績に留まっている。決して悪い数字とは言えないが、怪我の問題など本領を発揮できていないところがある。

コロンビア代表の方では常に主役だが、クラブシーンでは今ひとつ主役になりきれない。クラブでのハメスは評価が難しいのだ。

レアルでもサブ組に回ることが多かった photo/Getty Images

このまま中堅クラブで埋もれるべき存在ではない

2014年に行われたワールドカップ・ブラジル大会で得点王に輝き、勢いそのままに2014-15シーズンにはレアル・マドリードでリーグ戦13得点13アシストと見事な成績を残した。

しかし、そこからのレアルでのキャリアはほろ苦いものとなってしまった。2015-16シーズンはリーグ戦で7得点8アシスト、続く2016-17シーズンは8得点6アシストと、成績そのものは悪くない。

ところが、チャンピオンズリーグの決勝トーナメントではスタメンから外れるなど、ジネディーヌ・ジダンの下で1番手になりきれなかった。レアルでのキャリアは決して成功とは言えないだろう。

レンタル移籍したバイエルンでは2017-18シーズンに7得点11アシスト、2018-19シーズンに7得点3アシストの成績を残したが、単純な数字ではレアル移籍初年度の2014-15シーズンには劣る。

あのブラジルの地で行われた2014年のワールドカップがキャリアの頂点だったのだろうか。あの大会でスターへの階段を登り始めたのは間違いないが、レアル1年目から数字は下降している。

エヴァートン1年目も大満足のシーズンとはなっていないが、ハメスは再び輝きを放てるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ