“伝説の中盤戦士”たちに並ぶ存在へ マンUの24歳が迎える覚醒のとき

リーズ戦で圧巻のパフォーマンスを披露したマクトミネイ photo/Getty Images

「スコールズやロイ・キーンのようになった」

マンチェスター・ユナイテッドでなかなか殻を破りきれていなかった中盤戦士は、ついに覚醒のときを迎えたのか。現地時間20日に行われたプレミアリーグ第14節のリーズ・ユナイテッド戦にて、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイが出色のパフォーマンスを披露している。

まず、試合開始からわずか3分以内に2ゴールを奪ったことには触れなければならないだろう。このゲームに先発出場を果たしたマクトミネイは、2分に相手PA手前から鮮やかなミドルシュートを突き刺すと、直後の3分には果敢な前線への飛び出しからスムーズなフィニッシュ。彼の2ゴールがあったからこそ、マンUは立ち上がり早々リーズのリズムを崩すことに成功したと言っていい。なお、この「試合開始3分以内に個人が2得点」という記録はプレミア史上初の快挙。記録にも、記憶にも残る2ゴールで、マクトミネイは赤い悪魔に勢いをもたらした。

しかし、このリーズ戦においてマクトミネイが優れていたのはそれだけでない。守備時には4バックの前で相手の攻撃を遮断し、攻撃時にはゴールシーンのように果敢に前線へ飛び出す動きを繰り返す。とにかく、彼のプレイエリアは広大だった。そんなマクトミネイの奮闘には、データサイト『WhoScored』も「9.4」という高い評価点を与えている。

そして、クラブOBのガリー・ネビル氏もマクトミネイのパフォーマンスにはメロメロとなっている様子。英『Sky Sports』にて、同氏はこの24歳が一瞬マンUのレジェンドMFのように見えたと話している。

「マクトミネイは試合開始から3分も経たずに、ポール・スコールズやロイ・キーンのようになった。彼は確実に進歩しているよ。その要因が彼自身にあるのか、それとも戦術にあるのかは正直わからない。でもとにかく最初のゴールは素晴らしかったし、2点目はもはや崇高と呼べるレベルだったね。なんてパフォーマンスだと思ったよ」

リーズ戦で攻守に輝いたマクトミネイの中に、かつてマンUの中盤を支えた名手たちの姿を見たとネビル氏。これまでなかなか本格ブレイクとはいかなかったマクトミネイだが、下部組織育ちの大器はいよいよ一皮むけることとなるのか。24歳の中盤戦士が見せる急成長には、今後も注目したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ