アーセナルが“降格圏”へ沈む可能性はあるか 「レスターの優勝を考えると……」

サウサンプトン戦でも勝ち点3を獲得できなかったアーセナル photo/Getty Images

クラブOBも不安視

トップ4どころか降格圏へと転落してしまうのか。今季アーセナルは想像を遥かに超える大苦戦を強いられている。

先日も好調を維持するサウサンプトンと1-1で引き分けてしまい、13試合を消化した成績は4勝2分7敗。順位は相変わらず15位と上がってこない。

まさかアーセナルが降格なんて信じたくはないが、油断できないポジションにいることは間違いない。トップ4入りや優勝の目標より、まずは降格圏に落ちないよう注意を払う必要がある。

英『Sportbible』によれば、クラブOBレイ・パーラー氏もアーセナルの現状を不安視している。決して楽観視することはできず、早い段階で立て直していかなければ本格的な問題となるかもしれない。

「とある人にアーセナル降格の可能性はあるかと問われ、私はおそらくないと答えた。しかしレスターが優勝した時のことを考えると、アーセナルの降格もあり得る。ポイントを拾えず、状況を変えられなければ本当に問題だ」

そんなアーセナルにとって今後のスケジュールはあまり嬉しいものではない。19日には上位進出を狙う難敵エヴァートンとの戦いが控えており、リーグカップのマンチェスター・シティ戦を挟んで26日にはチェルシーとの対戦が待っている。最悪の場合、ここで連敗もあり得るだろう。

何とか良い形で2020年の戦いを終えたいところだが、この3連戦で維持を見せられるか。今の順位のまま年越しとなれば、残留へのプレッシャーが徐々にのしかかってくることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ