イブラに憧れる男が“ハーランドの後釜”に ザルツブルクでまたFWがブレイク中

ザルツブルクで躍動するベリシャ photo/Getty Images

188cmの大型ストライカーへの注目

今冬にドルトムントへFWアーリング・ハーランドを売却したオーストリアのザルツブルクは、ハーランドの後継者となるストライカーを探してきた。

単純に得点数だけを見るならば、昨季リーグ戦24得点6アシストと爆発したザンビア代表FWパトソン・ダカがハーランドに代わる得点源だ。ダカはビッグクラブから引き抜かれる時も近いはずで、ザルツブルクが抱える次なるブレイク候補だ。

しかし注目したいのはダカだけではない。今季ザルツブルクで評価を伸ばしているのは、22歳のドイツ人FWメルギム・ベリシャだ。

U-21ドイツ代表でもプレイ経験があるベリシャは昨季こそリーグ戦8得点に留まったが、今季はすでにリーグ戦7試合で5得点を記録。さらにチャンピオンズリーグの方でもバイエルン相手に2試合連続得点を挙げるなど、ここまで4得点を挙げている。

今季はダカが負傷離脱している期間があったため、ベリシャの活躍は非常に大きい。ベリシャは188cmとサイズもあり、ダカよりベリシャの方がハーランドに近いタイプだ。20歳のハーランドに対して22歳のベリシャを後継者と呼ぶのも変だが、ザルツブルクにとってはハーランドの後釜と言えよう。

伊『Calciomercato』によれば、ベリシャは同じ大型FWとしてズラタン・イブラヒモビッチに憧れているという。今季の活躍でビッグクラブも動き出すはずで、ダカに続いてベリシャもブレイク候補生か。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ