バイエルンで頭角現す“17歳”の逸材 新鋭アタッカーが常勝軍団で暴れ出す

CLアトレティコ戦にて、途中出場から存在感を示したムシアラ(右) photo/Getty Images

指揮官も期待する才能の原石

昨季はブンデスリーガ、DFBポカール、そしてチャンピオンズリーグを制して3冠を達成したバイエルン・ミュンヘン。シーズン途中から就任したハンジ・フリック監督は、経験豊富な実力者たちに新進気鋭の若手をうまく融合させてチームを栄光へと導いた。今季もここまでブンデスとCLグループリーグでは首位をキープ。その勢いは止まるところを知らない。

そんなバイエルンに新たなスター候補が出現している。その名はジャマル・ムシアラ。今季トップチームに昇格したばかりの17歳だ。ここまで公式戦には10試合に出場して2ゴール。テクニック、スピード、インテリジェンス……。どれを取っても同世代の選手とからは頭ひとつ抜けた能力の持ち主で、トップ下やセンターフォワードとしてバイエルンの未来を担う存在になると、同選手は周囲から期待をかけられている。

ムシアラの能力の高さは、現地時間1日に行われたチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリード戦でも見て取れた。この試合において得点やアシストこそなかったものの、この17歳は随所にその才能の大きさを感じさせるプレイを披露。この試合にスタメン出場を果たすと、華麗なダブルタッチを繰り出すなど随所に存在感を示してみせた。試合後、SNS上で「本当に彼は17歳なのか」といったファンの投稿が多数見受けられたことからも、多くの人がこの若者のプレイに魅了されていたことは窺える。

そして、このムシアラのパフォーマンスには指揮官も大いに感銘を受けたようだ。まだ改善の余地こそあるものの、アトレティコ戦でこの17歳が見せたプレイに可能性を感じたとフリック監督は語る。独『Spox』が伝えた。

「試合を終えて、ジャマールのプレイは今後も注意して見なければならないと感じたよ。彼がこの試合で示したクオリティは非常に高かった。特筆すべきはボールコントロールだ。その能力の高さから、アトレティコの選手たちは彼からボールを奪うことにだいぶ苦労していたね。まだ改善すべき点はあるけれど、今日ジャマールが見せたパフォーマンスに私は大変満足している。彼は素晴らしいキャラクターを示して、チームをうまく動かしたね」

このアトレティコ戦にて、指揮官を唸らせるだけのインパクトを示したムシアラ。はたして、バイエルン期待の17歳は2020-21シーズンに常勝軍団の中でどれほど出場機会を伸ばしてくることとなるか。いきなりのレギュラー奪取は難しいかもしれないが、楽しみな逸材がドイツの強豪で頭角を現している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ