14位でも大注目 冨安健洋、バロウ、スバンベリら楽しみすぎる若手軍団

ボローニャの冨安 photo/Getty Images

強豪クラブが目をつける逸材揃う

リーグ戦7試合を消化して2勝5敗の14位。今季のボローニャは苦しい立ち上がりとなっている。この順位は残念ではあるものの、ボローニャは世界から注目を集めている。若手実力派プレイヤーが多く揃うクラブだからだ。

伊『Tuttobologna』も取り上げているが、真っ先に挙げられたのは日本代表DF冨安健洋だ。ボローニャは今季リーグ戦でここまで13失点を喫しているが、センターバックを任される冨安の評価は悪くない。今夏にもミランからの関心が噂されるなど、ステップアップの時は近い。

さらに前線では21歳のFWムサ・バロウが人気だ。ドルトムントが関心を示すなど、アタランタからのレンタルで加わっているバロウも近い将来強豪クラブへ向かう可能性は高い。

ボローニャのスバンベリ photo/Getty Images

中盤ではアルゼンチン代表に選出されている22歳のMFニコラス・ドミンゲスも人気だ。今月の2022カタールワールドカップ南米予選でも短時間ながら出番を得ており、ワールドカップ本大会を迎える2年後には代表で定位置を確保できているかもしれない。

同じく中盤ではインテルからの関心が噂される21歳の大型MFマティアス・スバンベリ、23歳のMFイェルディ・スハウテンも注目されている。

彼らはすでにボローニャでポジションを確保しており、国内外問わず強豪クラブが目をつけ始めているようだ。

残念ながらボローニャが上位争いに参戦する可能性は低いだろうが、ここから強豪に引き抜かれる選手が複数名出ることになるはず。選手個人に注目する価値はあるはずで、ボローニャの戦いをチェックしてみるのも悪くないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ