[MIXゾーン]勝つとき、負けるときはこんなもの ガンバ不敗ストップの仙台・長澤「ちょっとでき過ぎ」

古巣から3ゴールを奪った長澤駿(写真は湘南戦)photo/Getty Images

18歳唐山の初先発は不発に

「いやー、もうホッとしている」(FW長澤)

「ちょっとホッとしたのはある。苦しい時期が続いた。それでもがんばっていこうという中でやれた。今日だけは喜んでもらえたら」(木山監督)

 18試合ぶりの勝利に仙台ベンチに笑顔の花が咲いた。コメントからも肩の重荷をようやく下ろすことが安堵感が窺える。

 ここまでの苦しい状況を木山監督はこの試合の戦いを含めて述懐する。

「なかなか勝てててない中でも、やるべきことがやれた時はいいゲームができていた。それでもなかなか獲れない試合が続いて、ドンドン悪循環になった。今年やってきたことをピッチでやりつくし、その中で自分たちの価値を確かめていこうという話をして、選手たちは本当に躍動していたと思う。守備強くいくことと、サイドをしっかり攻めることは選手たちはしっかりやってくれた」

 確かにこの試合の仙台の動きは試合の入りから素晴らしかった。対戦したG大阪の選手もそれは感じていたようだ。

「仙台のほうが入りから素晴らしいアクションを起こしていたと思う。我々も少し後手に回ってしまったかなと前半の入りからやっている僕らも感じた」(CB昌子)

 前半から仙台がプレッシャーを掛け続ける中で、G大阪は攻撃の形を見出すことができなかった。特にこの試合で初めてJ1で先発したFW唐山は前線で孤立した。

「少し(唐山)翔自と他の選手との距離があって、なかなかいい形でボールが出てこなかったなと思う。色々とトライはしていたけれど、試合の流れに入っていけなかったところはあったと思う」(宮本監督)

 ハーフタイムでベンチに下がることになったが、プレイ内容を見れば致し方ないところだろう。ただG大阪はこの試合でFW宇佐美ら数人に小さながケガがあり、選手を入れ替えざるを得なかった。このことが「チーム全体に疲労は感じなかったが、やはりゲームコンディションが少し選手間でバラツキがあるなと見ていた」

 ここまで12試合無敗と向かうところ敵なし状態だったG大阪だが、その分のツケは大きかったともいえるだろう。

 一方で仙台の準備は用意周到だった。

「(G大阪の)試合を何試合か見た中で、あのポジションに人がいて起点ができるところは、きっと嫌なのではないかと。後ろのメンバーも少し代えたので、あの形の方が少しボールを運べるという思いで採用した」

 中盤を逆三角形にしてアンカーを置いた。ボールの回収率が上がったことで、仙台に大きな流れを手繰り寄せた。その上で特筆すべきはなんといってもハットトリックを決めて見せた長澤の動きだろう。

「1トップとしてはこれ以上ない働きだったと思う。守備のスイッチャー、あとは前線のおさめ、あとは得点。チームは本当に助かります。彼も苦しんだ時期も長かったと思うが、今日は素晴らしいプレーをしてくれたと思う」(木山監督)

 最後に当の長澤のコメントを。

「ちょっとでき過ぎかなと思う。いい風を吹かせたかった。試合にいい感じで入れた。早い時間帯で取れればと思っていた」

 とにかく勝つときはこんなもの。また負けるときもこんなもの。それがすべてギュッと詰まった試合だった。

文/吉村 憲文

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:インタビュー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ