枠内シュートを放てば“ほぼゴール” チェルシー新加入FWの驚愕データとは

今夏チェルシーに加入したヴェルナー photo/Getty Images

狙った獲物は逃さない

ストライカーの理想形。今夏ブルーズに加入した点取り屋は、そんな領域に足を踏み入れつつあるのか。チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの驚くべきデータが明らかとなった。

RBライプツィヒから4750万ポンド(約64億円)と言われる移籍金で、今季からスタンフォード・ブリッジを本拠地とするイングランドの強豪に加入したヴェルナー。大補強に動いたチェルシーが今夏獲得した選手の中でも、彼は目玉商品と言えるプレイヤーだろう。昨季はブンデスリーガで得点ランキング2位につける28得点をマークし、ライプツィヒの攻撃陣を牽引。ストライカーとしてワールドクラスのレベルにあることを証明してみせた。

そして、チェルシーでもその勢いは止まらない。ヴェルナーは新天地でここまで公式戦12試合に出場して8ゴール。獲得当初は一部から「プレミアリーグの水に馴染むためには少し時間が必要かもしれない」との声もあったが、その予想に反して現在の彼は見事に周囲から受けた期待に応えていると言っていいだろう。

そんなヴェルナーの驚くべきデータ。それは直近の公式戦3試合におけるシュート成功率だ。この3試合でヴェルナーは計5ゴールを挙げているのだが、その間に同選手が放った枠内シュートはたったの6本。シュートが枠内に飛べば、83.3%の確率で得点になるというのだから驚きだ。GKの位置を冷静に見極めて、手の届かないゾーンにシュートを放つ技術の高さ。まさに“スナイパー”とでも呼ぶべきシュート精度と言えるか。

ヴェルナーの能力においてこれまで最も注目を浴びてきたのは、その凄まじいスピードだった。しかし、左右両足で正確に相手ゴールを打ち抜く力強いシュートも彼の魅力。いざプレイを見てみて、そのシュートの美しさに酔いしれたファンも少なくないだろう。チェルシーで確実にチャンスをモノにし続ける“スナイパー”。ヴェルナーの武器は決して爆発的なスピードだけではない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ