NEXTフォデン候補にトラフォードの名を持つGKも マンCで育つ4人の才能

マンCのデラップ photo/Getty Images

FAユースカップを制覇

ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティはスター軍団だが、若手の育成も忘れていない。2日には、U-18チームがFAユースカップ決勝でU-18チェルシーを撃破して優勝を飾っており、この世代から数年後にトップチームで主力を張る者が出てくるかもしれない。

例えば17歳のFWリアム・デラップだ。すでにプレミアリーグデビューも済ませているデラップは、ストーク・シティなどで活躍したロングスローが代名詞のロリー・デラップを父に持つことでも有名な大型センターフォワードだ。

リアムは今季のFAユースカップの方にも出場しており、世代を代表するストライカーとしてチームの優勝に貢献してみせた。

他にも注目の選手はいる。英『Daily Mail』がグアルディオラ好みのセンターバックと評する18歳のテイラー・ハーウッド・ベリスは、U-23のカテゴリーでも主将を任されるなど大きな期待を背負っている。昨年にはチャンピオンズリーグの舞台も経験しており、DFエリック・ガルシアに続いて10代でポジションを確保してほしい逸材の1人だ。

中盤にはグアルディオラがフィル・フォデンと比較したと言われる18歳のコール・パルマーがいる。戦力となるにはもう少し時間がかかるだろうが、左利きの攻撃的MFであるパルマーもすでにチャンピオンズリーグの舞台で8分間のプレイタイムを与えられている。

昨季にはMFながらU-18のリーグ戦にて14戦15ゴール5アシストと爆発しており、フォデンに続く才能として注目が集まる。

少し興味深い名前を挙げると、GKジェイムス・トラフォードも色々な意味で注目されている。名前だけ聞くとマンチェスター・ユナイテッドにふさわしいGKにも思えるが、トラフォードが目指すのはマンCの守護神の座だ。

現在マンUに所属するGKディーン・ヘンダーソンと同じカンブリア出身ということもあり、ヘンダーソンとは仲が良いという。アドバイスももらっているようで、ヘンダーソンのように20代前半のうちにプレミアで出番を得るのが目標か。

豪華な補強を続けるマンCにてユース出身の若手が出番を掴むのは簡単ではないが、リアム・デラップやテイラー・ハーウッド・ベリス、コール・パルマーなど、グアルディオラもチャンピオンズリーグのグループステージや国内カップ戦で彼らにチャンスを与えている。若手の育成にも力を入れている証と言えよう。

U-18のカテゴリーが結果を出せたことはポジティブで、育成に力を注ぐマンCの姿勢も見逃せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ