“2試合で9ゴール”の大爆発 今季のインテルは全てねじ伏せる超攻撃軍団へ

攻撃陣が爆発しているインテル photo/Getty Images

コンテもパフォーマンスに満足

複数失点している守備は修正ポイントとなるだろうが、今季のインテルは開幕から攻撃陣が元気だ。

開幕節はフィオレンティーナとの打ち合いを4-3で制し、30日に行われたベネヴェント戦は5-2の勝利だった。

ロメル・ルカク、ラウタロ・マルティネスと決めるべき2人が2試合連続でネットを揺らしていることも特徴的で、今季のインテルは破壊力抜群だ。

伊『Inter TV』によると、指揮官アントニオ・コンテも攻撃陣の奮闘を喜んでいる。

「チームの戦いを楽しく見ている。昨季のプロジェクトをさらに前進させているし、攻撃のクオリティは増しているね。しかしながら、さらなるバランスが必要だ」

ベネヴェント戦では昨季までドルトムントでプレイしていた快速ウイングバックのアクラフ・ハキミにもゴールが生まれており、攻撃の幅は明らかに広がっている。

ハキミのスピード、第3FWとして頼りにしたいアレクシス・サンチェス、セットプレイのキッカーとしての活躍も期待できるDFアレクサンダー・コラロフ、攻守両面で活躍できるMFアルトゥーロ・ビダルと、インテルの攻撃陣は脅威だ。

守備の部分も安定すれば、王者ユヴェントスを捕まえることも十分に可能だろう。今季こそインテルが頂点に立つシーズンになるのではないか。勢いよくスタートを切った攻撃陣にサポーターも期待をかけているはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ