アーセナルが選ぶのはどちらのMFか 獲得選手で指揮官の理想は見えてくる

アーセナルの獲得候補となっているパルティ(左)とアワール(右) photo/Getty Images

パルティか、それともアワールか

今夏の移籍マーケット閉幕まであと1週間を切ったが、アーセナルはさらなる補強に動くのか。現時点で獲得の噂が浮上しているのはアトレティコ・マドリードに所属するMFトーマス・パルティと、リヨンに所属するMFフセム・アワールだ。

両者ともに移籍金がそれなりにかかるとあって、アーセナルは獲得するならばどちらか一方のみということになるだろう。では、そんな状況で彼らはどちらの候補を優先して確保しに向かうべきなのだろうか。いずれも攻守両面で輝ける選手だが、どちらかと言えば潰し屋タイプのパルティとボールアーティストのアワール。ミケル・アルテタ監督のチームに最優先で補うべきはどちらか。これはファンの間でも意見が分かれることだろう。

先日、クラブOBのイアン・ライト氏が古巣に獲得を進言したのはアワールだ。テクニシャン系のMFがダニ・セバージョスしかいない状況の中で、彼らに必要なのは新たなパス供給源と同氏は主張している。しかし、ライト氏とは別のクラブOBは、英『talkSPORT』へアーセナルはパルティ獲得に向かうべきと自身の意見を述べている。発言者はナイジェル・ウィンターバーン氏だ。

アルテタ監督が思い描く理想にマッチしているのはどちらの選手か photo/Getty Images

「過去2シーズン、私はアーセナルのスカッドは一新する必要があると言い続けてきた。アルテタは今、守備の課題に直面しているね。特に中盤の。それを解決すべく、パルティやアワールと言った選手が噂になるのは喜ばしいことだよ。彼らならば、アーセナルの中盤を強化することができると思う」

「私がオススメするのはパルティの方かな。彼はパワフルで、ボール奪取能力に優れている。スピードもあるね。過去、相手チームのカウンターにやられるアーセナルを何度も見た。それだけに、今のガナーズにはパルティのようにスピーディで、ボールを刈り取ることのできる選手が必要だと私は強く思っている」

現在のアーセナルにとって、何が1番の問題点か。この考え方の違いによってパルティかアワールか、人々が求める名前は変わってくる。ウィンターバーン氏のようにカウンターを発動されてからの動きに重きを置くならばパルティ、ライト氏のように相手のカウンター自体を回避するならばアワールといった具合だろう。もはや、この選択はその人が好むサッカーのスタイルを問うものと言ってもいいはずだ。

はたして、その中でアルテタ監督はどちらのMFを欲しているのだろうか。マーケット閉幕までの残り1週間。獲得に向かう選手で、指揮官がどんなサッカーをしたいのかがより明確に見えてくるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ