もうムバッペ、デンベレには負けない マンUでもがき続けた仏代表FW逆襲の時

フランス代表のマルシャル photo/Getty Images

2年ぶりの代表戦先発

ここまで実に長い道のりだった。

8日に行われたUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦にて、フランス代表FWアントニー・マルシャルが久しぶりに先発出場を果たしたのだ。

マルシャルがフランス代表で先発するのは2018年3月のロシア代表戦以来のことで、この2年のマルシャルはマンチェスター・ユナイテッドでもがき続けてきた。

クラブでなかなか結果を残せず、その間に自身より若いキリアン・ムバッペやウスマン・デンベレらが急成長。すっかりフランス代表の主役はムバッペとなり、マルシャルは2018ロシアワールドカップのメンバーからも漏れている。

しかし、マルシャルはついに昨季マンUで求めていた手応えを掴んだ。マーカス・ラッシュフォードやメイソン・グリーンウッドらとハイパフォーマンスを披露し、フランス代表監督ディディエ・デシャンにも認められることになった。

しかもクロアチア戦では華麗なパスワークからアントワーヌ・グリーズマンのゴールをアシスト。マルシャルのシュートがポストに当たるシーンもあり、仮に決まっていれば約4年ぶりの代表戦ゴールだった。

ゴールを決められなかったのは残念だが、マンUでのパフォーマンスを継続できるならばそう遠くないうちにフランス代表でもゴールを決められるだろう。

ムバッペ、デンベレら後輩に負けるわけにはいかない。激しすぎるフランス代表のポジション争いにいよいよマルシャルが本格参戦だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ