クロースを超えるゲームメイク? アーセナルの中盤を掌握するMFに絶賛の声

スイス代表のジャカ photo/Getty Images

10番を背負って躍動

6日にUEFAネーションズリーグ第2節でスイス代表と対戦したドイツ代表は、1-1で引き分けてしまった。

3日のスペイン代表戦に続く引き分けとなり、このネーションズリーグ2試合で白星を掴むことは出来なかった。

スイス戦でもシュートを20本も打たれてしまったわけだが、このゲームで絶賛されているスイス代表の選手がいる。

スイスの中盤をコントロールするアーセナル所属MFグラニト・ジャカだ。

ジャカはアーセナルで批判を浴びることもあったが、スイス代表にとっては絶対的な存在だ。27歳という年齢を考えると、2022ワールドカップを目指す戦いにもジャカは絡んでくるだろう。

英『HITC』によると、ジャカはドイツ相手にチーム最多となる99回のボールタッチを記録。パス本数もチーム最多の81本を記録し、その成功率も87.7%と高い。

さらに枠内シュートもチームトップの3本放っており、ドイツ相手に見事な結果を残している。

アーセナルサポーターからもこのパフォーマンスに称賛の声が挙がっており、ドイツ代表MFトニ・クロースより良かったなんて意見まで出ている。

「ジャカの方がクロースより良かった」

「ジャカはクロースに低い位置からのゲームメイクのレッスンをした」

アーセナルにもこのパフォーマンスを持ち込んでほしいところで、好調時にはワールドクラスのゲームメイクも期待できるだろう。同じ赤のシャツを着て躍動することを両チームのサポーターが願っている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ