ピルロ・ユーヴェで始まる“中盤改革” ガラリと若返るアグレッシブMF体制へ

シャルケから加わるマッケニー photo/Getty Images

新シーズンは若い構成に

アンドレア・ピルロが指揮官に就任したユヴェントスでは新たなストライカーを追加するのではないかとの話題が続いていたが、その間に着々と進んでいたのが中盤改革だ。

33歳のMFサミ・ケディラはピルロの構想から外れたとされており、同じく33歳のMFブレーズ・マテュイディは今夏にアメリカのインテル・マイアミへ移籍することが決定。

さらに30歳のMFミラレム・ピャニッチは、MFアルトゥール・メロとのトレードでバルセロナへ向かうことが決まっていた。

2019-20シーズンの開幕戦でスタメンを務めていた3人が一気に抜けることになり、ユヴェントスの中盤は若返りへと舵を切った。

バルセロナからやってくるアルトゥールは24歳、着実に伸びているMFロドリゴ・ベンタンクールは23歳、テクニックのあるアドリエン・ラビオは25歳。

そして、シャルケから買取オプション付きのレンタルで加わることになったのが22歳のアメリカ人MFウェストン・マッケニーだ。

マッケニーはまだ足下の技術に課題を残すかもしれないが、ユヴェントスの中盤にダイナミズムをプラスする存在になると期待されている。

ボールを奪い返すうえで貴重な戦力となるはずで、『90min』はシャルケでもドリブラーに簡単な突破を許すことはなかったと守備面を評価している。

ピャニッチ、ケディラ、マテュイディのトリオはダイナミズムやフレッシュさが失われてきていたかもしれないが、それが一気に若返ることになる。

完璧にフィットするかは分からないが、ピルロ・ユーヴェの改革は中盤からスタートしている。彼らをどう組み合わせていくのかピルロの手腕が楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ