ユヴェントスのピルロ指名はギャンブル 「ミランはセードルフらで同じ過ちを」

ユヴェントス時代にチームメイトだったピルロとブッフォン photo/Getty Images

経験浅い指揮官と目指すCL制覇

驚きの決断だった。

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でリヨンに敗れたユヴェントスは、早々に指揮官マウリツィオ・サッリの解任を決断。後任候補にはマウリシオ・ポチェッティーノの名前も挙がっていたが、こちらも即決でクラブOBアンドレア・ピルロの就任を発表した。

サッリ解任からピルロ就任まで、あらゆるアナウンスが早かった。この決断にはサポーターも驚いたことだろう。

ピルロはユヴェントスとイタリアサッカー界を知り尽くすレジェンドだが、ギャンブル性の強い人事であることは間違いない。まだ41歳のピルロには指揮官としての経験がないのだ。

ユヴェントスが狙うはチャンピオンズリーグ制覇だが、経験の浅いピルロがその目標を達成できるかは未知数だ。舵取りを誤れば続けてきたセリエA制覇もストップしてしまうかもしれない。

SNS上でも、サポーターからは賛同と不安の両方の意見が挙がっている。42歳と1つ歳上のGKジャンルイジ・ブッフォンとの関係性も注目を集めているようで、ピルロは若すぎると考えているサポーターも多いのだろう。

「ミランはセードルフ、インザーギ、ガットゥーゾで同じ過ちを犯している」

「選手の方が指揮官より年齢が上というのは一般的ではない」

「ピルロのことはリスペクトしているが、優れた選手が優れた指揮官になるわけではない。来季どうなるか見てみよう」

「将来的にはブッフォンがアシスタントか?」

「ポチェッティーノを選ぶべきだった」

果たしてユヴェントスのピルロ招聘は成功に繋がるのか。衝撃的な人事により、来季のセリエAにより大きな注目が集まるのは間違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ