ベンゼマもモドリッチも“バーゲン” 銀河系軍団・レアルで当たるお買い得補強

レアルのベンゼマ photo/Getty Images

安価の大ヒット補強も目立つ

爆買いの方ではなく、コストを抑えたバーゲンの方でレアル・マドリードが称賛される時代がくるとは。

今季リーガ・エスパニョーラを制したレアルについてスペイン『MARCA』は、安価で獲得した選手たちの活躍が大きかったと取り上げている。

例えば長年右のサイドバックを務めるダニエル・カルバハルは、クラブの下部組織出身プレイヤーだ。レヴァークーゼンへのレンタル移籍を経て、2013年よりレアルでポジションを守ってきた。

中盤の掃除人となっている守備的MFカゼミロは、サンパウロからの移籍金とFCポルトからの買い戻し金を合わせても1130万ユーロと紹介されており、今の活躍ぶりを考えればお買い得な補強だったと言える。

同じく中盤で今季ブレイクしたMFフェデリコ・バルベルデは、2015年の時点でウルグアイ・ペニャロールからの移籍が内定。移籍金は500万ユーロと安価だ。

世界最高のセンターバックの1人と言われるDFラファエル・ヴァランも、2011年にフランスのランスから1000万ユーロで獲得。1000万ユーロのDFが世界最高級センターバックにまで成長したのだから文句なしだ。

前線の新たな核になることが期待されるFWマルコ・アセンシオも350万ユーロで引き抜いており、こちらも大成功の補強だ。

他には2500万ユーロのMFトニ・クロース、3500万ユーロのMFルカ・モドリッチ&FWカリム・ベンゼマも紹介されているが、彼らの貢献度を考えれば移籍金はお買い得との評価だ。

これだけ長く活躍してくれるのであれば、3500万ユーロの移籍金でもお買い得と言えるか。

1億ユーロ以上かけるような超大型補強は少なくなり、銀河系軍団レアルがなかなか堅実な強化をしてきたことが分かる。久保建英、マルティン・ウーデゴーら若手はまだ控えており、この路線でスペインと世界のサッカーを支配したいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ