加速するアザールとの比較 “5740万ポンドFW”が左サイドを支配する

チェルシーのプリシッチ photo/Getty Images

チェルシーのエースとなれるか

ティモ・ヴェルナー、ハキム・ツィエクの獲得を決めるなど、チェルシーはすでに市場にて積極的な動きを見せている。早々に来季への新戦力を獲得できたのは大きいが、それだけではない。

チェルシーにとって大きなプラスと考えられるのが、FWクリスティアン・プリシッチのフィットだ。

左サイドを主戦場とするプリシッチはリーグ戦再開後より存在感を増しており、徐々に持ち味を発揮している。チェルシーの左サイドといえば長くエデン・アザールが担当してきたポジションであり、ここ最近のパフォーマンスからアザールとの比較も加速している。

英『Planet Football』も両者の比較に納得できる部分があると紹介している。

プレミアリーグ最初の20試合をこなした段階で、プリシッチは7得点2アシストの成績を残している。一方でアザールはチェルシーでの最初の20試合で4得点6アシスト。得点関与の数は似たところがある。

チャンスメイクの回数はプリシッチが23回に対してアザールは39回となっているが、お得意のドリブルではプリシッチの成功率が50.6%に対してアザールは35.4%に留まる。アザールは世界的なドリブラーだが、プレミア移籍当初はややドリブル失敗が目立っていたようだ。

そこからアザールはワールドクラスのアタッカーへと成長したわけだが、プリシッチがそれに続けるならば大きい。プリシッチの獲得にも5760万ポンドの資金を投じているだけに、チェルシーとしてはプリシッチにもスーパースターになってもらいたいところだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ