リヴァプールの“強力3トップ”誕生秘話 マネの思いやりから生まれた現在の形

リヴァプールの攻撃を支えるサラー(左)、マネ(中央)、フィルミーノ(右) photo/Getty Images

今では3人合わせて250ゴールを突破

今季のプレミアリーグを制したリヴァプールにおいて、強力3トップが果たした役割は非常に大きいものだった。モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの前線ユニットは次々とソリッドなプレミアクラブの守備陣を攻略。3人合わせて43ゴールを挙げる活躍を披露した彼らは、間違いなくチャンピオンチームにとって必要不可欠な存在だったと言える。

2017-18シーズンにサラーが加入したことによって結成されたこの3トップ。先日はリヴァプール加入以降の3人の合計得点数が「250」の大台に乗ったことも報じられた。プレミアで猛威を振るう前線ユニット。そんな彼らの誕生秘話をユルゲン・クロップ監督が明かしている。どうやら現在の“右サラー、中央フィルミーノ、左マネ”という配置は、マネの思いやりから生まれたものだったようだ。

「我々がサラーとサインを交わして、その日が両者にとって幸せなものとなったことを今でも覚えているよ。彼に初めて会った際、サラーが右サイドでのプレイを好んでいると話していたこともね。当初、サラーは『だけど、このクラブではマネがそこでプレイしている』と言っていたんだけれど、その後マネは話を聞いて『僕は左サイドでも大丈夫だ』ってサラーに言ったんだ。そして今ではフィルミーノも含めて250ものゴールを奪うようになった。うまくいったね。彼らは一人で世界を変えることはできないけれど、共にプレイすることでそれを可能にしたのさ」

クロップ監督がこのように語ったことを英『Daily Mirror』が伝えている。リヴァプール加入1年目の2016-17シーズンは右サイドを主戦場としリーグ戦13ゴールを記録したマネだが、左サイドでのプレイに自信もあってかサラーに右のポジションを譲っていたようだ。これが結果的の功を奏すこととなったわけで、マネの勇気ある譲歩は称賛される然るべきだろう。

マネの一言で始まったリヴァプールの強力3トップ。はたして、彼らはこれからあとどれほど得点を積み上げてくるのだろうか。まだまだゴールラッシュが止まる気配はない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ