ワールドクラスだらけの“新・黄金世代” さらに伸びる恐怖のイングランド代表

アルテタとハイタッチするサカ photo/Getty Images

続々出てくるワンダーボーイ

成功が約束されているわけではないが、今のイングランドサッカー界には世界トップクラスの若手が数多く揃っている。

米『ESPN』が改めてまとめているが、顔ぶれは実に豪華だ。昨季の段階で豪華だったが、今季に数名の若手が急激に伸びた印象がある。

ワールドクラスのタレントへと成長したドルトムントFWジェイドン・サンチョ(20)、リヴァプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルド(21)、マンチェスター・ユナイテッドDFアーロン・ワン・ビサカ(22)。

今季トップレベルで通用することを証明したマンチェスター・ユナイテッドFWメイソン・グリーンウッド(18)、アーセナルFWブカヨ・サカ(18)、チェルシーMFメイソン・マウント(21)らの存在も大きい。

他にもチェルシーFWカラム・ハドソン・オドイ(19)、ウェストハムMFデクラン・ライス(21)、マンチェスター・シティMFフィル・フォデン(20)、リヴァプールMFカーティス・ジョーンズ(19)も徐々に出番が増えてきた。

もちろんマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォード(22)らすでに代表の主力となっている者も忘れてはならない。

まさに新・黄金世代と呼ぶにふさわしい顔ぶれだが、イングランドは彼らの世代でEUROとワールドカップを制覇できるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ