永遠止められない“必殺カットイン” 日本もやられたロッベン恐怖の左足[映像アリ]

元オランダ代表のロッベン photo/Getty Images

またエールディヴィジで見られるか

トップレベルのプレイヤーには絶対的な武器がある。それは相手が読んできても止められない必殺技のようなものだ。

元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの左足カットインショットはそれを代表するものと言っていいだろう。

レフティーのロッベンは右サイドから中へカットインし、ファーへシュートを流し込むパターンを得意技にしてきた。対峙するDFはロッベンがこの形に持ち込んでくることを理解しているのだが、全く対処できない。

結局まともな対応をできるDFがいないままロッベンは昨季に現役を引退。ベテランになってからもカットインシュートは止められないままだった。

そんな伝説の左足を持つ男がピッチへと戻ってくる。母国オランダのフローニンヘンで現役復帰することが発表され、英『Sportbible』はそれを記念してロッベンのカットインシュートに再びスポットを当てている。



映像を見ても、ほぼ形は同じだ。しかしDFはなぜか対応できない。映像の中には親善試合にて日本代表がやられた場面も含まれている。長谷部誠らもロッベンのパターンは頭に入っていたはずだが、間近で見るとキレが凄いのだろう。

多少のブランクはあるが、おそらく今でもロッベンのドリブルに対応できるエールディヴィジのDFはほとんどいないはず。オランダの地でお得意のカットインシュートをまた見せてほしい。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ