“史上最高”の豪華補強 C・ロナウドもカカーも来たレアル伝説の2009年夏

ロナウド&カカーのダブル補強は豪華すぎ photo/Getty Images

バルサ・カンテラ軍団に挑んだ

レアル・マドリードは今も超豪華な補強を連発するスーパーリッチクラブだが、その中でも2009年の補強は異様だった。

米『Bleacher Report』がスペシャルな夏と振り返っているが、当時のレアルは一夏でスーパースターを勢揃いさせたのだ。

FWカリム・ベンゼマ、カカー、MFシャビ・アロンソ、エステバン・グラネロ、DFラウール・アルビオル、アルバロ・アルベロア、そして最大の目玉プレイヤーだったFWクリスティアーノ・ロナウド。

今もチームに残っているのはベンゼマだけだが、これほど豪華な補強も珍しい。銀河系軍団にふさわしい超札束攻勢と言える。

「史上最高の補強だ」

「この時レアルはフランス、イタリア、イングランドから最高の選手を獲った」

SNS上ではこうした意見が出ており、かつてないほどの豪華補強だ。フランスのリヨンにいたベンゼマ、イタリア・ミランのカカー、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドからロナウドと、各国からその時のベストプレイヤーを引き抜いたとの表現も正しい。

ただし興味深いのは、このスター軍団がなかなか結果を出せなかったことだ。理由はただ1つで、ちょうどバルセロナ黄金軍団と時期が重なったのだ。

SNS上では「マシアに粉砕された」、「バルサにはホームで0-5の負け」など、主にバルセロナサポーターから厳しい意見も出ている。

大量の資金を投じたレアルと、シャビやイニエスタ、ブスケッツ、ピケ、メッシらクラブの哲学を知り尽くすカンテラ(下部組織)出身者を中心に黄金チームを作り上げたバルセロナと、互いが全く異なるプロセスでスター軍団を作っていたところも面白い。

スターを並べて頂点を目指したレアルと、それを自前の選手で真っ向から迎え撃ったバルセロナ。当時のリーガ・エスパニョーラには、今とは違う特別な面白さがあったと言える。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ