100mを10.9秒で走るFWにNEXTジェラードも 今2部のタレントが熱い

ストークでプレイするネイサン・コリンズ photo/Getty Images

市場で注目を集めるヤングスター

新型コロナウイルスの影響により、今夏の移籍市場でド派手な補強が展開できるクラブは限られてくるだろう。

そこで注目を集めるのが、2部でプレイしている選手たちだ。特にイングランドではプレミア・チャンピオンシップ(2部)に優秀なタレントが揃っていると話題で、今夏にも引き抜きが起こると予想されている。

英『Daily Mail』が注目のタレントをまとめているが、彼らは今夏の市場で見逃せぬ実力者たちだ。

1.リッキー・ジェイド・ジョーンズ(ピーターバラ/17歳/FW)



かなりの若手からリストは始まるが、リッキーが話題になっている理由はずばりスピードだ。100mを10.9秒の速さで走ったなんて話もあり、NEXTジェイミー・バーディなんて声も上がっている。

ピーターバラは3部に所属しているクラブだが、バーディと同じようにリッキーもここからの大出世があるのか。アーセナルやリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドが目をつけているようだ。

2.ジュード・ベリンガム(バーミンガム/16歳/MF)



こちらはさらに若いが、ベリンガムはリッキーよりも有名だ。すでにバーミンガムでは出番を確保しており、今季も2部で32試合に出場している。

スティーブン・ジェラードとの比較まであり、マンUやチェルシーが目をつけている。

3.エベレチ・エズ(QPR/21歳/MF)



攻撃的MFとしてプレイするエズは、今季リーグ戦で12得点8アシストを記録するなどフィニッシュとチャンスメイクの両方で優れている選手だ。

即戦力ということを重要視するならば、先に紹介したベリンガムとリッキーより上か。トッテナムやウェストハムがエベレチ・エズに興味を示しているようだ。

4.ジョー・ゲルハルト(ウィガン/18歳/FW)



またまた10代プレイヤーだ。ウィガンのアカデミーで育ってきたゲルハルトは、イングランド世代別代表でも順調に得点を重ねてきたストライカーだ。

即戦力とはならないかもしれないが、すでにエヴァートン、リヴァプール、レスター・シティが興味を示している。イングランドの次世代エースへ成長する可能性もあるが、今夏に引き抜きはあるか。

ブリストルのマッセンゴ photo/Getty Images

5.チャーリー・ケルマン(サウスエンド・ユナイテッド/18歳/FW)



ゲルハルトに続き、また18歳の点取り屋だ。サウスエンドは3部に所属するクラブだが、そこでケルマンは今季5得点を記録している。

アメリカの世代別代表にも選ばれた経験を持っており、すでに今冬の段階でトッテナムとサンダーランドがオファーを出していたとか。ステップアップの時は近いのだろう。

6.ネイサン・コリンズ(ストーク・シティ/19歳/DF)



193cmものサイズを誇るセンターバックのコリンズは、今季序盤戦のリーズ戦でゲームキャプテンを任された経験まで持っている。

北アイルランドの世代別代表でも着々と経験を積んでおり、アーセナルとチェルシーが目をつけているという。このサイズのセンターバックを確保できれば大きく、今後の成長が楽しみだ。

7.ハン・ノア・マッセンゴ(ブリストル・シティ/18歳/MF)



ここまではイングランドのクラブで育ってきた選手がピックアップされてきたが、独特なアフロヘアーが魅力のマッセンゴは昨夏にフランスのモナコからやってきたセントラルMFだ。

すでにブリストルでも主力となっており、2018年にはモナコでチャンピオンズリーグでの舞台を経験。マッセンゴは2001年生まれの選手だが、2000年以降に生まれた選手では最初にチャンピオンズリーグの舞台を経験した選手となっている。

8.ダニー・ローダー(レディング/19歳/FW)



ウォルバーハンプトンが過去2度の移籍市場でローダーを狙っていたようだが、今夏こそ動きが起こるかもしれない。レディング側に新型コロナウイルスの影響による経済的な都合もあるようで、ウルブズの再トライに加えてクリスタル・パレスが手を伸ばしてくるのではと予想されている。

今季はリーグ戦で得点を決めていないが、スピードに魅力のあるFWと紹介されている。イングランドの世代別代表でプレイしてきたローダーとしては、そろそろステップアップを考えてもいい頃合いか。


10代のプレイヤーがかなり多くなっているが、イングランドの若手はNEW黄金世代として大きく飛躍する可能性も秘めている。

今夏に下のリーグからの引き抜きはあるのか。大物プレイヤーの補強はもちろん、彼ら若手に注目するのも面白い。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ