恐怖の“タックル集団”がいた プレミア直近5シーズンの数字が面白い

レスターのエンディディ(左) photo/Getty Images

常にファイターがチームにいる

あまり目立たない数字ではあるものの、現在のプレミアリーグには「タックル大好きチーム」が存在する。

データサイト『WhoScored』が「タックルを愛しているクラブ」と紹介したのは、レスター・シティだ。

興味深い数字だが、2015-16シーズンよりシーズン最多タックル数を記録した選手がレスターから4人も出ているのだ。

例えば奇跡のプレミア制覇を果たした2015-16シーズンには、MFエンゴロ・カンテがシーズンに175回ものタックルを仕掛けている。このカンテの姿勢がプレミア制覇を呼び込んだのは間違いない。

2016-17シーズンはエヴァートンでプレイしていたMFイドリッサ・ゲイェが136回で1位だったが、そこから再びレスター軍団だ。

2017-18シーズンにはカンテの後継者として期待されるMFウィルフリード・エンディディが138回でプレミア1位、さらにエンディディは続く2018-19シーズンも143回で1位、そして今季ここまでは右サイドバックのリカルド・ペレイラが119回でトップとなっている。

相手を激しく潰す姿勢はチーム内で共有されており、レスターには常に体を張る守備職人がいる。

「エンディディは間違いなくリーグ最高の守備的MF」

「クレイジーなスタッツだ」

SNS上ではこうした意見が挙がっており、ここ5シーズンで4人もレスターから最多タックルプレイヤーが輩出されているのは興味深い。素早く奪って前線のジェイミー・バーディへ。このプランがいつの時代もベースに存在しているのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ